発売日決定!!

ディレクターの佐々木です。

しばらくご無沙汰しておりました。
このスペシャルページをブログスタイルにバージョンアップするため、
色々と段取り等で手間取ってしまい更新が出来ずにいました。スミマセン!
ようやく完成しましたので、今後は定期的に情報を出していけると思います。

さて、ご存知の方もいると思いますが、発売日が決まりました!
7月31日、PLAYSTATION3 と Xbox 360 の2機種同時発売です!

sp_008_001.jpg sp_008_002.jpg

みなさん、もう予約は済ませましたか?
予約受付が開始されていますので、良かったら予約してくださいね。

長いこと更新できなかったので、北米のゲームサイトで公開している
ブログの第2弾を遅ればせながらこの場で公開したいと思います。
既に英語で読んでしまった方、お許しを・・・・・・。

-------------------------------------------------------------------

第二回テーマ:ユーザーへ快適なオンライン対戦環境を提供するためや、
よりよい格闘体験を提供するために開発上気にかけていること。
シェラザード、アンゴル・フィアを追加することになった背景や狙いなど。


 一昔前は格闘ゲームでオンライン対戦は難しいと言われていましたが、ここ最近、色々な格闘ゲームでオンライン対戦を実現し始めています。『 ソウルキャリバーⅣ 』でもオンライン対戦を行う予定なのですが、実はチームでは、早くからオンライン対戦の対応を前向きに考えていました。
 1999年『 ソウルキャリバー 』の開発途上において、既に様々な検証を行っていたのですが、当時はネットワークインフラであったり、通信技術、サーバーの維持管理など、対応するには時期尚早な時代でしたので、あえて対応に踏み切りませんでした。それは、お客様に最高の対戦環境を提供したいという思いから、中途半端な物は提供すべきではないと考えられた結果でした。
 時は流れて2008年。ようやくオンライン対戦を提供できる時代に突入したわけですが、技術や時代は変われど、開発者の気持ちは変わりません。常に最高の対戦環境を提供したいという気持ちで制作しています。オンラインという対戦の場を、快適で、公平で、対戦が待ち遠しくなるような環境にするため、日々、試行錯誤を繰り返しています。
 オンライン仕様に関して、いずれもう少し詳しくお話するタイミングがあると思いますが、腕前が近い最も熱くなれる人と気軽に対戦ができる環境の構築こそ、最も重要な根幹だと思っています。ソウルキャリバーの最高のオンライン対戦を、ぜひ楽しみにしていてください!

 話は変わりますが、ここ最近、『 スター・ウォーズ 』のゲストキャラクターの他にもボーナスキャラクターがいる情報を公開し始めました。既にご存知かもしれませんが、著名なクリエイターの方にキャラクターデザインをお願いして生み出していただいたキャラクター達です。

 これらのキャラクターはゲストキャラクターとしてではなく、ボーナスキャラクターとして提供するために制作しています。その違いをよく聞かれるので、この場を借りてお話しますと、ゲストキャラクターは文字通りお客さんという意味です。違う価値観を持つ存在がやってくるインパクトと高揚感、そういう人が想像しやすい、実感できる期待感を持ってもらうために、ゲストキャラクターを招きます。
 一方、ボーナスキャラクターはというと、ユーザーへの特別サービスの意味合いが強いです。喜んでもらえるための"超おもてなし"の精神と言いましょうか、時には開発途中で別の用途で生み出したキャラクターや、試しに作ってチームで好評だったキャラクターなど、お客様にも触ってほしいというサービス精神がボーナスキャラクターを生み出します。今回もその延長の考えで、著名クリエイターがデザインしたキャラクターは十分におもてなしになるだろうと考えて、色々なクリエイターの方に意気込みを伝えて参加してもらうことになったわけです。

sp_008_003.jpg  sp_008_004.jpg  sp_008_005.jpg


 シェラザードやアンゴル・フィア以外でもまだまだ喜んでもらう仕掛けは用意してありますので、『 ソウルキャリバーⅣ 』の続報に期待してお待ちくださいね!

-------------------------------------------------------------------
・・・以上が第2弾ブログでした。

そういえば最近巷でウワサされてる怪情報、ボーナスキャラクターが有料で配信される!?
というのは間違いですよ(笑)
それはボーナスキャラクターの主旨に反しますからね。
ゲームをプレイすることで使用可能になります。ご安心ください。

北米サイトではブログは第4弾まで公開しているので、今後、追っかけで公開していきますね。
次回のテーマはサウンドですので、BGMや効果音に興味ある方は必見ですよ!

| << 前のエントリー | 次のエントリー >> |