名前:  
年齢:  
出身:  
身長:  
体重:  
生年月日:  
血液型:  
使用武器:  
武器名:  
流派:  
家族構成:  
 
CV:  
リザードマン(アイオーン・カルコス)
36歳(この姿になって7年になる)
オスマン・トルコ帝国 スパルタ
180cm
86kg
6月23日
無し
ハンドアックス、スモールシールド
グラッジアックス、アイアシールド
捷アレス流
故郷に帰れば家族もいるはずだが……

 神を討たんと誓った男。だが彼に課された運命は残酷なものだった。異形と変わった彼の肉体は、精神すら侵しはじめていた。人間としての感情や記憶が次々に消え去っていき、ついには心までも獣へと堕してしまう……。今の彼は同類の獣人達を率い、本能のままに虐殺行為を繰り返すばかりだった。
 だが時折、人間としての感覚や記憶が蘇ることがある。混乱の中、強烈な喪失感から彼は己の「魂」を求める。なくしてしまった魂。それはどこにあるのか? 欠落した記憶の中でひときわ輝きを放つのは、かつて抱いた執念の残照――ソウルエッジだった。


▲ページTOPへ


【ご利用規約】