プロローグ


歴史に選ばれて 人は戦士となり 歴史に刻まれて 戦士は英雄となる ……………14世紀頃の吟遊詩人歌 歴史と世界を超え、永遠に語り継がれる剣と魂の物語。 …………中世末期の物語 作者不詳

何かを奪われた時、自らの弱さを悟った時、人は力を求める。
《魔剣ソウルエッジ》救世主の聖杯とも賢者の石であるとも噂される剣。
《霊剣ソウルキャリバー》ソウルエッジを砕くべく作られた、もう一つの魔剣。
人が真に力を欲したとき、その影にはいつもこの二振りの剣があった……。

16世紀、この二振りの剣をめぐって歴史は動き出す。
明国のとある軍人の邸宅より盗み出された霊剣。
グラナダ近郊の海岸に出現した光の柱。光が生んだ異形の生物。
包囲される神聖ローマ帝国、ウィーン。

ソウルエッジは己を見出したジークフリートに契約を持ちかける。
「我を復活させよ、さすれば失った全てを取り戻す力を授けよう」と。
契約に応じ、ジークフリートが魔剣を引き抜いたそのとき……。

この物語は、二振りの剣を追い求める戦士たちの物語である。
歴史に選ばれて人は戦士となり、歴史に刻まれて戦士は英雄となる。