ステージ



海賊船


 あの日。ソウルエッジを手にした大海賊セルバンテスが、二人の女戦士と死闘を繰り広げたあの日。全ての出来事はこの海賊船エイドリアン号の上で起こっていた。エイドリアン号はただ静かに、ソウルエッジを手に数々の戦士を屠ってきた主、セルバンテスが敗れ去る姿を見とどけたのである。

 

 全てが終わり、戦士たちの姿が消えてもなお、エイドリアン号は揺るぐことなくその場にあった。かつて甲板で繰り広げられた死闘、未来に残された火種、全てをつつみこんだまま……。

 

 それから間もなく、一人の若者がエイドリアン号の停泊するこの港町を訪れることとなる。もう何も失わない、絶対的な力を求めて……。