※ウォッチャー(The Watcher)……世界中に散ったソウルエッジの欠片を所持する人間を追って、各地に出没する漆黒の鷹。
 その不気味な赤い眼に「監視」される者は、遅かれ早かれ死ぬことになるという。その理由は、欠片を持つもの同士がいずれ闘う運命であり、仮に生き残ったとしても完全体にならんとするソウルエッジに操られしナイトメアによって命を絶たれるからである。
 かつてソウルエッジの所有者であったセルバンテスも同様の「監視人」を伴っていたが、奇妙な武器を持った東洋の戦士から主人を守ろうとして、その命を落とした。
 二代目となるこのウォッチャーも、隙を見て獲物を奪うことはあるが、ソウルエッジを通して受け継いだ先代の経験から、強い魂を持った戦士に対して無謀な戦いを挑むようなことはしない。

 


   

(c)1995 1998 2002 2003 NAMCO LTD.
The Legend of Zelda : (C) 1986-2003 Nintendo
The Character named "Necrid" is created and designed by NAMCO as the derivative work of the Illustration drawn by Todd McFarlane Productions, Inc.
The Character: (C) 2003 by Namco Limited. All rights reserved.
Illustration: (C) 2003 by Todd McFarlane Productions, Inc. All rights reserved.

©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。