■ 第5回 海外からのお客様ですっ!!

 

 こんばんは! ウォッチャーTANです。

 今回のお客様はなんと海外からです!

 今、ソウルキャリバーIIプロジェクトは北米版の3機種の開発で大忙しです。
第5回の今回は、カリフォルニア州にあるナムコ・ホームテックからローカライズ作業のため日本に来ている、ナムコ・ホームテックのアソシエイトプロデューサー・NAOさんに北米でのソウルキャリバー人気についてお話を聞いてみましょう!

 NAOさんは日本で発売されたナムコのゲームを、主に北米市場で発売するために日本語のテキストを英語に翻訳したり、音声吹き替えなどのローカライズ作業を行っています。


■ 海外版のローカライズ作業の苦労話をひとつ……。


TAN

こんにちは!いかがですか? ローカライズ作業の方は?


NAO

うーーー、いつ帰れるんだろう〜〜〜。


TAN

うぐ、すみませんねぇ、遠くから来ていただいちゃって……。
ナムコ・ホームテックってサンノゼにあるんですよね?


NAO

そうです。ロサンゼルスから飛行機で1時間くらいです。


TAN

「ソウルキャリバーII」って北米ではどんな感じですか?


NAO

いやぁー、かなり今注目されていますよ。ドリームキャスト版の時も話題になりましたので。アメリカ人は派手なのが大好きですからね。


TAN

ほぉー、そうなんですか。ちなみに北米で人気のキャラクターって何ですか?


NAO

そうですねー、カッコいいところでナイトメア、女性だとタキやアイヴィーが人気ですね。でもどのキャラクターもみんな幅広く人気ですけどね。


TAN

実は女性に人気があるってウワサを聞いたんですけど、ホントですか?


NAO

あ、それはですねー、ホントですよ。ファイティングゲームの中では女性に人気がありますね。ボタンを押せば簡単に派手な技がたくさん出て、遊びやすいからみたいです。
全国トーナメントのような「ソウルキャリバー」の大会には女性プレイヤーも結構いるんですよ。


TAN

ひょえ〜〜っ! マジっすか!? それはスゴイですね〜。でも遊びやすいから女の人も遊ぶっていうのはうなづけますね。
NAOさんのローカライズ作業で1番大変なのってどんなことですか?


NAO

もうそれは技名の翻訳ですね。これはもうホントに大変です。


TAN

あー、なるほどー! そうですよね。技の数も多いですしねー。


NAO

日本語の技名の場合はカタカナで英語名とか漢字やひらがななど色々方法があるのですが、英語はもうA〜Zでやりくりするしかないですからねー。
世界各地の言葉を調べたり、技のテーマや動きなどからも考慮して翻訳してますから。


TAN

すごーーい! ちなみにちょっと自分的に満足している技名とかってあります?


NAO

タリムの技名はちょっとカッコよくできたかなと思っています。蹴り技には「Sipa」→「蹴る」という意味の言葉をなるべく使うなどしました。

というNAOさんの翻訳したタリムの技名の一部がこちらです。

【タリムの技の日本版と北米版の違い】

・(日本版)ヴァンプレイPaayon Thrust (北米版)
「Paayon」って「力と一緒に」と言う意味だそうです。


・(日本版)サイ・べムDouble Abaniko(北米版)
「Abaniko」は「煽る」と言う意味だそうです。


・(日本版)ケットペイルTwin Baraw Lift(北米版)
「Baraw」は「短刀」の意味を持っています。


・(日本版)エアサイドターンWind Charmer(北米版)
「風使い」と言う意味を入れてみたとのこと。

 


TAN

NAOさんってサンノゼに住んでらっしゃるんですよね。たまーに日本に帰ってくるって感じですか?


NAO

そうですね。日本に帰って来たら必ず食べたいと思っている物が3つあるんですよ。


TAN

おお! それはなんですか?


NAO

1つはラーメンです。もうこれは絶対です。それからうなぎ、あとはたこ焼きです。


TAN

ええっ! たこ焼き!?


NAO

はい、たこ焼きですねー。向こうじゃ絶対食べられないので……。


TAN

ほえ〜〜、たこ焼きかぁ。じゃ、今度ウマイたこ焼き食べに行きましょうー。
さて、最後に日本の「ソウルキャリバーII」ファンの皆様に何か一言どうぞ!


NAO

日本のみなさん! カリフォルニア米はおいしいんですよ〜〜。

 

 というわけで、北米版のローカライズ作業も大詰めを迎えている「ソウルキャリバーII」。

先日ロサンゼルスで行われたE3会場でも「ソウルキャリバーII」のコーナーは大盛況でした。

日本から世界へと場所を移し、まだまだ勢いが止まらないソウルキャリバーIIに今後も皆さん期待していてくださいね!

では! また次回〜っ!

 



©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。

>