▲SOUL CALIBUR キャラクター資料館INDEX

   


滅してなお勢いを止めない邪剣の
炎は再び世界に散ろうとしていた
キリクは力強くしかし静かに呟く

オン・バサラ・ダラマ・キリーク
彼の身を守っていた末法鏡が弾け
同時に邪悪なる炎は封印された。

度重なる激闘の末、彼は内に潜む
邪気を抑える術を身につけていた
それに甘んじる事なく更に過酷な
修行に身を置くキリク。
地が果て、空が始まるこの場所で
彼の双眸は遥かなる蒼穹を映した

 

   

©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。