▲SOUL CALIBUR キャラクター資料館INDEX

   


鍛冶神ヘパイストスの神託を成し
彼女は恋人の待つ故郷に帰った。

「ロティオン、私……」
「解ってるさ、ソフィ。」
待ちかねた街の皆の祝福のもと、
婚礼を挙げる二人。

そして月日は流れ、彼女は新たな
生命を授かり、育む事となる。
「私にはもう届かないけれど
この子には神様の声が……」
問いを知ってか知らずかその子は
ただその微笑みを母に返した。

 

   

©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。

 

>