▲SOUL EDGE キャラクター資料館INDEX

   


ソフィーティア1Pデザイン原案。首からのベルトは、胸のアーマーの裏側で金具止めされている。

ソフィーティア2P原案。

ほぼ決定稿に近い、1P案。スカートの裾のラインなど、微妙に違う点が見受けられる。

左:ソフィーティアは、決定稿に至るまでに、様々な変遷をたどったようだが、この案ではすでに首からのベルトが見られる。
中:より軽装の案。対する2Pは、甲冑にするという旨も走り書きされていた。
右:このデザインでは、顔にあどけなさがあり、非常に幼い感じがするのが新鮮。
 

 

肩や足の鎧の左右非対称で、野性味あふれる2Pデザイン案。右は戦闘を重ねて使い込んだ感のある、長いスカートが全く違う印象を与える。名前は「アゾーラ」と呼ばれていたらしい。

ソフィーティアの妹、カサンドラのデザイン画。のちに「ソウルキャリバーII」で登場する彼女だが、このデザインでは木ぐつを履き、腰帯を後ろのリボンで留めている。

左:1Pのシールドデザイン案の、アウトサイドとインサイド。
中:ハイパーコンボ(クリティカルエッジの前段階の設定)時の、シールド案のひとつ、サイクロンカッター案。刃が回転して相手を切りつける際、中心部は回転しない、など詳細な設定があった。
右:2Pのシールドデザイン案の、アウトサイドとインサイド。
 

●カラー原案

2Pデザイン案「アゾーラ」のカラーイラスト。決定したデザインに比べると、清楚さよりも戦の女神といった力強い印象を受ける。

   

©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。