▲SOUL EDGE キャラクター資料館INDEX

   


タキが再び封印にやってきた、竹薮に囲まれた妖怪封じの社。

 以前タキによって建てられた、古代の妖怪“猛怒託妖”を封じる為の神社。呪縛を施した岩畳の地下の古木の根に本体を封印し、さらに地脈の出口であるほこらを神社としたのである。しかもその鳥居は「邪の眼」を惑わす為に、5箇所、岩畳を囲う様に立っている。
 ……これらの事からも、いかに“猛怒託妖”が恐ろしい妖怪かが伺えるというものだ。

 ……古代の悪霊とも、まだ神話の時代に敗れた地方の「国津神」のなれの果てであるともいわれる妖怪。地脈を伝い各地に出没していたが、タキによって封印されて後は、近江国の神社である祠から移動できなくなっていた。
 ゲームでは、「首無し武者」、「鳥居覗き」、「かまいたち」などを伴って出現する。

 

   

©NBGI

 ※このサイト内に掲載されているテキスト、画像などの無断転載は一切お断りします。